2021/03/26

クソなセキュリティルールにイライラ

  会社のセキュリティルールって、なんで考えなしに面倒を押し付けるバカが多いんだろ。
この仕事をしてるやつってセキュリティを厳しくすることが目的になっちゃってるから効率は二の次なんだよな。

 大体が、
・リテラシが低い奴がやらかす
・事故を起こしたのはパスワードが簡単だからだ!
・パスワードを複雑にしよう!
・ルールも1つだよ弱くね?じゃ、複数組み合わせよう!
・多いほうが安全じゃね?
・じゃ、全部盛りで!
・ルール少なくして事故られたら、ルール決めてる俺らも怒られるし
・使う側の手間なんか気にしても仕方ねーよなw 安全が優先!!

こんな流れだと思う。

事故るバカのせいで全体が迷惑を被るのってホント迷惑。やらかしたそのアホにだけルールを厳しくすればいいのに、なぜか全体に対象を広げる。で、一度厳しくしたルールは見直されることは無い。


 自分の会社もそう。iPhoneのMDMでパスコードを変更しろと表示される。

1つパスコードを設定すると、「○○を含む文字を入力してください」
従うと「連続した文字は使えません」

最初に全部条件を表示しろや!!

ただでさえ、iPhoneは入力がクソやりづらいのに。指紋登録しててもちょいちょいパスコードを入力させるんだよ。iPhoneがクソなのか会社がクソなのかわからんけど、かなりストレス。

・パスコードには文字を含める必要があります

・パスコードには同じ文字を繰り返して使用できません

・パスコードには特殊文字を含む組み合わせを使用する必要があります

・パスコードには数字を含める必要があります

*** --- *** --- *** --- ***

・5分でPC画面ロック
・メール送信前に確認画面表示ツール
・ファイルが自動で暗号化、共有するときは都度解除
・ブラウザを開くたびに確認画面
・PCログイン時、felica、ID、パスワードの使用
・○ヶ月ごとのパスワード変更
・ソフトのインストール不可

は~、他にも色々あるよなー

2021/03/25

麒麟がくる、最終回を見終わった&面白かった!

  タイトルのTwitterの1行で済むような内容なんだけど、2/7の最終回から1ヶ月半遅れでやっと全て見終えました。
Azureの資格試験が無事済んだから心晴れやかに見ることができた。

最後の3話くらいから信長と光秀のすれ違いを徐々に濃くしての、最終回本能寺の変でした。

 自分は歴史に疎くて大河ドラマは全く見ていなかったのだけど、真田丸を見てから歴史モノに一気に興味が湧いてきました。あとは名前や人間関係、地理などのわからないところはWikipediaや歴史ムックですぐに確認できるのも大きいですね。

 で、歴史不勉強な自分が抱く明智光秀はやっぱり裏切り者の悪いヤツって印象だったのだけど、このドラマを見ると、作り方次第でどうとでも印象は変えられるのだと、話の作り手のすごさに驚いた!
Wickedでいう、オズの魔法使いの悪い魔女が実は悪くなかった的な感じでした。

 斎藤道三から無理難題を申し付けられ、行く先で板挟みになったり、信長とキャッキャウフフな仲良しになったりとか、帝に初めて謁見したときの憧れのアイドルを見るような「…フッワー.!.!..!😳」な眼差しとか、人間光秀(十兵衛)が本当にこんな人なのかなと思えるようだった。
長谷川博己の演技も初めて見ましたが、若いのに堂々とした演技…と思いきや同い年くらいだったw

一番印象的だったのは、メモも取っていた、

"18話:越前へ"の、

「人には浮き沈みがある。武士には勝ち負けがある。沈んだ時にどう生きるか、 負けた時にどう耐えるか。その時、その者の値打ちが決まる」

ですね。ググると、やはり心に響いた人が多かったようです。

色々な登場人物の立場を見るたびに、自分だったらどう思うか、振る舞うかを色々考えることができた良いドラマでした。

そうそう、忘れてた。
本能寺の変の後、歴史上では秀吉に敗れて殺されたことになってるけど、謀反前の夜、菊丸に手紙を渡すときに「この戦に勝ったら、家康と共に天下を治めたい。200年も300年も続く穏やかな世を」ってところと、光秀の最期をボカした演出は、光秀が家康の影となって江戸時代をバックアップしていたのかも、と思わせるようなニュアンスも良かったです。

2021/03/24

Quoraという質問回答サイトのイヤな部分

 Quoraという質問回答サイトがあるのですが、Facebookあたりのアカウントと紐付いているのか、回答者は一応実名(っぽい)となり、優良な回答内容は本当に人生に役立つようなものが多いのですが、一方、このサイトは質問をすると報酬が得られる仕組みになっているようです。
(回答者側は一切の報酬がないのでボランティアで、いいねをもらえるだけの自己満足の世界)

で、その結果、報酬目当てにクソのような質問を大量に作成する輩がいて、結果Yahoo知恵袋に近いレベルになっている気がします。
(自分の知ってるクソアカウントは回答数ゼロ、質問数2万みたいな奴がいました)

僕は基本的に不快なアカウントやワード、URLはすぐにブロックなりNG判定するようにして目に付かないようにするのですが、このQuoraではユーザに対して「ブロック」「フィード除外」という手段を取ることになります。
ただ、両方設定してもクソ質問がサマリメールに記述されて届くし、フォローしている回答者がクソ質問に回答すると表示されたりで完璧に排除することができないんですよね…。

質問のURLも「https://jp.quora.com/質問文~」みたいになっているのでURLブロックもできない。

これが「https://jp.quora.com/ユーザー名/~」みたいになっていればブロックできるんだけど…。

*** --- *** --- *** --- ***

ここらへんの大体の質問って人生に役立つ系な回答は自己啓発の考え方に近づいてくるし、技術的な質問は別のサイトで確認できるので、少しずつQuoraを閲覧し続ける意味も薄れてきてるんだよな~。

・疑問をググるとヒットしやすいけど、クソ回答が多い知恵袋
  or
・ググってもヒットせず、サイト内の検索もイマイチだけど優良な回答が多いQuora

まさに、帯に短したすきに長し感があります。


2021/02/15

Windows10 ディスク100%(原因不明) Surfaceがポンコツになってきてる…

 


 これ、原因不明で直らない。クッソ遅くなるし、、PC初期化してセットアップし直すのも時間がもったいない。Surafece Laptop4、早く出ないかなぁ。。

*** --- *** --- *** --- ***


 ムシャクシャしてやった。



2021/01/31

鬼平犯科帳 '69 おっ母ァ、すまねえ

 今回は最近お気に入りになりつつある酒井がメインのお話です。

 酒井が子供の頃、おぬいという女の子に通りゃんせに誘われたことから、初めて女子という存在を気にするようになり、おぬいさんが初恋の子になってしまった。
しばらくして相思であることがわかりつつも、結局はおぬいさんは家に不幸があり、水商売に落ちてその客と家庭を持つようになっていた。

 酒井はそんなおぬいを遠巻きに数年おきに気にしながら、ある日の早朝にお百度参りをしているおぬいを見かける。
…というのがお話の中盤までの流れ。


 酒井はおぬいが何かに悩んでいるのを見抜き、伝えます。
「生まれつき融通の利かん方でな。一度心に決めた思いは何年経っても消えん」

*** --- *** --- *** --- ***
唐突に話が変わりますが、今朝、NHKで「春風亭一之輔の演芸図鑑」という番組にJUJUという女性歌手?がゲストとして出ているのを寝ぼけながら聞いていたのを思い出しました。

 JUJUが俺のRequestという、男性アーティストのカバーアルバムの紹介をするにあたり、
「男性目線の曲をカラオケで歌うことはあった。でも、レコーディングをしようと思ってアルバムってなったときに、全然わかってなかったなってことがたくさんありました」
「よく世の中で言われるのは女性っていうのは上書き保存、でも男性は上書き保存しないからデスクトップがいっぱいになる、っていう話を聞いていてふーんって思ってたんです」
「今回レコーディングをするにあたり色々歌ってみた結果、忘れないことの美学っていうのがあるんだなって気づいたんですよ。忘れない美学は男性ならではだろうし、もし男性がこういうふうに物事を捉えているとしたら、なんてロマンティックなことなんだろうって思ったらすてきだなって思いました」

春風亭一之輔「男性を代表して、ありがとうございます(おじぎ)」
JUJU「(笑)」

*** --- *** --- *** --- ***

 話は鬼平に戻って、、ネタバレになります

 おぬいはどうしようもないクズ息子が一緒に暮らしている旦那を殺しかねない勢いで、生活も改めないので、知り合いの男性に息子殺しを依頼します。
そして、その殺し屋もおぬいさんを好いていたので安くまけて40両で請け負います。
(ちなみに一緒に暮らしている旦那も、息子が旦那を殴ろうがおぬいを殴ろうが無抵抗でまったく頼りになりません)

 殺しの当日、酒井はおぬいが殺しを依頼していたことを聞き、息子を救おうと息子がいる場所に着きますが、自分を捕まえるつもりと勘違いした息子は大暴れして旦那とおぬいの家に逃げます。
息子は旦那の仕業だと逆上して殺そうとしたところ、おぬいの心臓発作が起こり亡くなってしまいました。

 息子が家を飛び出したところ、殺し屋が息子を連れ出し背後から絞殺しようとしたところ、息子が号泣しながら母親が亡くなったことを聞いて、手が止まります。そこへ酒井が現れます。殺し屋はそっと立ち去りました。

 それから1年後、役宅で平蔵と酒井。

 平蔵「そういえばそれ以来"ごい鷺の弥七(殺し屋)"は消えてしまったのか?」
 酒井「は。随分しつこく探しておりましたが、ぷっつりと消息が絶えました。噂ではあの一件以来、殺し稼業に嫌気がさし、足を洗ったとか。」
 平蔵は、
 その殺し屋がおぬいの香典に20両届けたこと、殺し屋は未だにおぬいに惚れていたのではないか。息子を殺すのはおぬいを殺すことと思ったのではないか。それで稼業から足を洗うことになったのではないのかということを酒井に言う。

 酒井「すると、おぬいさんは自分が死ぬことで3人の男を救ったということになりますか」
 平蔵「今日が(おぬいの)命日。墓に花でもたむけてやるがよい。おぬいという女、生涯のうちで実は今が一番幸せなのかもしれないな」

 息子は母親が死んだことをきっかけに性根を入れ替え旦那の元で修行して立派なキセル職人になっていた。


 マジメ男にダメ男3人が1人の女性をめぐって起きた印象的な話でした。
自分も、付き合った女性は「名前を付けて保存」がわかる派ですね。


 この酒井、役柄がクールで、見た目もイケメンで気になってたので役者さんをWikipediaで調べてみました。そしたら、なんと高島彩の父親だったんですね。竜崎勝という方らしいです。若くして亡くなってたみたい。。
そう意識して見ると確かに似ている!!


酒井祐助:竜崎勝




 高島彩(Instagramより)




2021/01/26

NHKオンデマンドの解約方法

 マイページの「購入済み」の下に「解約」ボタンがあるので、そこをクリックする。

※退会にするとIDとか購入履歴が消えてしまう(と思われる)ので、注意です!









よくある質問に載せておいてくれればいいのに…不親切。


2021/01/24

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 其の八 「終末」

  Amazon Primeで第二期の解を見始めて、13話目。今までと同じバッドエンディングからやっとGoodエンディングかと思ったのですが、、。
ただ、レナが対抗武器としてナタを持ち出してたのは少しウケたw 誰か止めろよとw

 いやー、それにしてもこのアニメ(お話)、面白いなぁ。
二期の解は解答編の意味らしいので、見終えるとすべてがなるほど!と思えるんだろうな。楽しみすぎる。


*** --- *** --- *** --- ***


 Azure資格、2月1日の受験を迎えて、AZ-303の勉強も大詰め。
大苦戦して1/3の正月明けから今日まで84時間ほど勉強してる。。(平均4時間/日)



もともとは2月末の受験、AZ-304は3月末の受験と考えてたので1ヶ月ほど期間を前倒しにしている。

・朝5時頃起床、勉強 → 仕事 → 仕事後勉強
・仕事 → 昼休み勉強 → 仕事後深夜まで勉強
・休日7~8時間勉強
こんな毎日。

さっさと結果を出して、溜まったゲームと本とドラマを消化したい!